折笠漆器店

2009年12月9日

会津の折笠漆器店はひととえの雛人形の台を製作して戴きました。

まず、総合プロデュースして戴いた、栗城さん、小檜山さんお二人には大変お世話になりました。

また社内の雰囲気は活気があり、さらに皆さんの人柄の良さには頭が下がる思いです。

こんな社内だからこそより上質な台が、完成したと思っています。

スピード、クオリティーはひととえが保証します。

折笠漆器店の皆さん私どもの雛人形に対する方向性に賛同して戴きひととえの雛人形のステージが完成したこ

とに心より感謝しています。

「漆器は裏を見る」とお聞きしました。やはりこの言葉に深い意味があり、だからこそ丹念な仕上がりになっているときずかされました。伝統工芸品には人を魅了するものが、まだまだたくさんあります。日本の伝統を大切に守り現代のインテリアにマッチする空間を提供していきたいと思っています。ぜひ機会がありましたら、             “会津うろこやネットショップ”御覧になって見てください。

                                                                                                                

表3

  

                                            

 

 封筒アップ

 

 

 

 

 

 

 

ひととえの雛人形が展示即売されます。

ぱっと見ると「かわいい」じっくり見ると作りの良さにびっくりします。

ぜひこの機会に品質と素材にこだわった今までにない新スタイルの雛人形をご覧ください。

皆様のご来場を心より、お待ち申し上げております。                                                               

 

 

   

            

屏風は衣裳

2009年12月5日

byoubuひととえの雛人形を製作していく中で屏風は衣裳と考えています。

影の存在感、それでいて雛人形をじゃましないという

雛人形を一層引き立ててくれる大きな役割をはたしていると感じています。

ひととえ雛人形はトータルなバランスと屏風の裏にあるインテリアの背景とともにインテリアに合った伝統的な雛人形を提供しています。

大切な雛人形

2009年12月3日

kiribako_001ひととえの雛人形は、大切な宝物だからこそ素敵な桐箱にお入れしています。

さらに、防虫加工をしたお風呂式に包みお人形を優しくお包みしています。

一生の宝物として・・・・・   大切な宝物として・・・・

工房 俊創のお道具

2009年12月2日

dougu  見た瞬間「かわいい」

 そしてじっくり見ると創りの良さに驚きます。

 そんなこだわりの中から生まれるお道具の数々は

 真似の出来ない独特な世界観があります。

 さらに、ひととえの雛人形に花を咲かせてくれる

 創意工夫の達人です。

感謝

2009年12月1日

ひととえの雛人形が公開しました。

 ここまでたどり着くまでにたくさんのの方々に支えられ、特別な雛人形、ブランドひととえができました。

素材、品質に妥協せず職人さん達の思いがひとつになって作り上げたひな人形をです。だから、

見るひとを魅了させてくれる雛人形ができました。

ひとりでも多くの方々に、素敵な宝物としての自信作です。

 ひととえ誕生の裏にはおおくの皆さんのご尽力を忘れず、これからも、邁進します。

本当に、支えて戴いた方々に心から感謝いたします。ありがとうございました。