kanbaifooter 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【兜飾り】 
■織田信長之兜 黒 [S-OD1001] 
■織田信長之兜 銀 [S-OD1001S]  
■煌8号     [SZ-KO0802B] 
■暁8号     [SZ-AK0701]  
■桃山7号(赤) [SZ-DMO0701]  
■泰斗5号     [SZ-TAI0501]  
■赤糸沢瀉之兜  [SZ-0016]  
■黒小札黒糸縅之兜 [SZ-0017] 
■黒小札沢瀉之兜 [SZ-0018]  
■鳳凰之兜   [SZ-0022]  
■光帝 茜 [SZ-0033]
■竹雀之兜     [5-40017] 
■兜飾り      [5-40044]  
■兜飾り      [5-40045]  
■兜飾り    [5-40047] 
 
【もののふ童飾り】 
■翔   [SW-501] 
■蓮(赤い衣裳)  [SW-502] 
■凛(赤い衣裳)   [SW-503] 
■勇(赤い衣裳)   [SW-504] 
■蓮(紫色の四菱柄) [CW-502] 
 
【鎧飾り】 
■伊達政宗公之鎧 [SZ-0026] 
■胴丸鎧     [5-14528] 
■胴丸鎧     [5-14556] 
■胴丸鎧     [5-14557]  
 
【つるし飾り】 

■ミニ鯉のぼり  [5-S1] 
 ※代替え品はございます。サイズなどが異なります。 
■つるし飾り    [7-78007] 
 
【飾り台】  
■陣 
■観世水 
■つゆすすき  
■丸台登り鯉  
■飾り台セット  [63-533] 
■飾り台セット  [63-536] 
■飾り台セット  [65-584] 
■飾り台セット  [65-592] 
■飾り台セット  [65-593] 
■飾り台セット  [65-594] 
■飾り台セット  [66-443] 
■飾り台セット  [66-451] 
■飾り台セット  [66-598] 
 
 

人形工房ひととえでございます。
 
五月商品の展示につきまして多くのお問い合わせをいただきまして誠にありがとうございます。
五月人形の展示は2018年3月6日(火)より行わせていただきます。
 
お待たせをいたしまして申し訳ございません。
皆さまのご来場、工房一同心よりお待ちしております。

人形工房ひととえでございます。
いつも弊社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
本年度もご好評につき、完売商品が出て参りました。
完売商品を一覧を下記にてご案内致します。
 
恐れ入りますが、現在再販売の目途は立っておりません。
ご理解、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 
<木目込雛人形 親王飾り>
【月】H3-12SN-001
【雪】H3-12SN-031
【杏】H3-12SN-035
 
<木目込雛人形 五人飾り>
【福】 H3-11GN-029EW
【月】 H3-12GN-001
【雪】 H3-12GN-031
【星】 H3-12GN-033
【祈】 H3-12GN-037ER
【和】 H3-14GN-006A
【遥】 H3-14GN-011
 
<木目込雛人形 十人飾り>
【祝】 H3-11JN-050MW
【星】 H3-12JN-033
 
<衣裳着雛人形 五人飾り>
【信】 H3-AS-13SN-005
 
<衣裳着雛人形 五人飾り>
【快】 H3-AS-13GN-006
 
 
<単品お道具> 
おもてなし
おめかししましょ
徳川重箱
さくら花見弁当
 
<つるしかざり>
こはく
べにざくら
まどか

他にも残り2点の商品なども多くなってまいりました。
本年度も弊社のお雛様をたくさんの方にお気に召していただけたこと、
ご縁をいただけたこと、本当に嬉しく、大変光栄でございます。

本年度新作カタログの商品や昨年度完売商品の「雪」や「星」につきましては
お人形の制作を工房一同で絶えず行ってはおりますが、
衣裳の生地が無くなり次第終了とさせていただきます。
 
どうぞ、引き続きご検討いただければ幸いでございます。
寒さが厳しい折でございますので、皆様どうぞお身体をご自愛くださいませ。
 
それでは、ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

人形工房 ひととえ お客様担当

新年あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
 
気が付いたらあっという間に年が明けてから1週間も経過しておりました…。
本日は七草ですね。
お正月の美味しいお餅やお料理などで疲れた身体を優しい七草粥で癒してくださいませ。
 
 
それでは本題へ…
当工房の人形作家 大里彩が制作実演を髙島屋各店にて行います。
 
1月 7日(日) 日本橋髙島屋
1月 8日(月) 玉川髙島屋
1月28日(日) 新宿髙島屋
2月10日(土) 横浜高島屋
2月11日(日) 横浜高島屋
 
髙島屋では髙島屋限定商品を取り扱っていただいております。
髙島屋でしか手に入らないお雛様のセットとなっておりますのでご検討くださいませ。
※ご購入特典などは弊社と異なるため、髙島屋へ直接お問い合わせください。
 
皆様とお会いできるのを楽しみにしております。
何卒よろしくお願い申し上げます。
 

本年も数多くのご縁をいただき、また、格別のご愛顧を賜り心より御礼申し上げます。
 
たくさんのお客様と関わらせていただき、お雛様や五月人形をお選びいただけたこと、とても光栄でございます。
 
カタログをお手に取っていただいた方。
サンプルをご請求いただいた方。
年内限定のカスタマイズを1年間楽しみに待って下さった方。
リピートにてご購入していただいた方。
展示場まで足を運んで下さった方。
メールやお電話にてカスタマイズをご依頼いただいた方。
 
すべてのお客様に心より御礼申し上げます。
 
 
年末年始の休業日をご案内致します。
12月29日~1月4日までお休みを頂戴いたします。
 
※上記期間中もメール・ホームページ・FAXからのお問い合わせの受付はいたしますが、
 対応は1月5日(月)以降となりますので、あらかじめご了承いただきますよう、お願い申し上げます。
 
年明けにはオリジナル絵本の特典をスタートさせていただきます。
ご検討いただければ幸いでございます。
 
新年は1月5日(月)9:30より営業開始となります。
来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、年末のご挨拶とさせて頂きます。
皆様がよいお年をお過ごしいただけることを願っております。
 
人形工房ひととえ 工房職員一同

Merry Christmas♥

2017年12月25日



今日はクリスマスですね。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
ひととえのお雛様も、クリスマス風に飾り付けをしてみました( *´艸`)


ひととえでは、本日もご注文頂いたお客様の大切なお雛様を、心を込めて制作しています!(^^)!

お子様にとってたった一つのお雛様であること。おとうさん、おかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん…皆様の想いのこもったお雛様であること。
職人一同心に刻み、ひとつひとつ丁寧に、大切におつくりさせて頂いております!


カスタマイズの受付期限も迫って参りましたが、現在も沢山お問合せを頂いております。
今からでもまだまだ間に合いますので、お悩みの方は是非ご連絡ください。
担当のスタッフが、迅速丁寧にご対応させて頂きます。


それでは皆様、良いクリスマスをお過ごしください…(^^♪

イメージ

お雛様の隣に飾りたい「つるし雛」
かわいいお雛様が断然華やかになりますよね!

しかもゆらゆら揺れる小さな小物たちは全て福を呼ぶ「縁起物」
我が子が幸せになるように…そんな思いのつまったお飾りなんです。

ひととえでは年内にお雛様をご購入頂いたお客様全員に
素敵なつるし雛をプレゼント!

◆詳しくはこちらをご覧ください→年内ご購入特典のご案内

可愛くて、しっかりと高級感もあります。
お客様から大好評のつるし雛です。

この機会に是非☆

皆様こんにちは!
ブログ担当Rでございます。
 
皆様いかがお過ごしでしょうか。
11月も下旬になり、あっという間に年の瀬が近づいていますね…。
 
そんな寒くて慌ただしい中、カタログのご請求や
カスタマイズのお問い合わせを毎日いただき、とても嬉しい日々です!
 
対象外商品以外はすべてカスタマイズが可能です。
詳しくはこちらからご覧ください☆
 
対象外の商品ですが、セット(屏風・お道具・お花など)の変更はできませんが、
お人形のみならご変更がOKになりました!!!!!
 
お選びいただける幅が更に広がりました!
 
展示場のご来場も心よりお待ち申し上げておりますので、 
お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡くださいませ~♫ 
 
■ご相談はこちらから→お問合せフォーム
 
■お電話でのご相談→0120-0173-17
それではごきげんようヽ(*´∀`)ノ 
 
 

カスタマイズのご案内2018NEW

みなさんこんにちは!
ブログ担当のRでございます。
 
埼玉では昨日10月上旬ごろの気温との天気予報が出るほど、
気温差が激しい時期となっています。
そして昨日の満月はとってもまんまるで落ちてきそうなほどで、
うさぎさんが見えた!と小さいお子さんが燥いでいてほっこりする夜でした。
 
九州や西日本だとまだまだ残暑!というような暑さが続いているとも
伺いましたので、お洋服などで調節して快適にお過ごしくださいね!

それでは本題へ★

日本には五節句と呼ばれる年間5回、奇数が重なる日に節目節目のお祝いをする習慣があります。
これは古く唐時代の中国から来た暦の基準で、奇数は縁起のいい陽数と考えられたからです。
・人日(じんじつ)(正月7日) →春の七草
・上巳(じょうし)(3月3日) →桃の節句・ひな祭り
・端午(たんご)(5月5日)  →こどもの日
・七夕(しちせき)(7月7日) →七夕まつり
・重陽(ちょうよう)(9月9日)→菊の節句・後の雛
の5日間で、昔は式日(今でいう祝日)となっていました。
 
その中でも重陽は一番大きい奇数が重なるとても縁起の良い日となっています。
重陽の節句は別名として菊の節句と呼ばれています。
菊を用いた菊枕や菊湯を使用して不老長寿や除災除厄を願います。
秋の収穫祭として秋茄子や栗ご飯でお祝いをする習慣もあります。
 
さて、今回重陽の節句をピックアップするにあたり重要な点はこちら!
・重陽(ちょうよう)(9月9日)→菊の節句・「後の雛
 
後の雛」とはお雛様を飾ってからちょうど半年が経つこの時期に、
虫干しを兼ねてもう一度飾り付けをし厄除けや長寿、健康を願う風習です。
江戸時代の庶民の間に広く伝わり、最近では有名百貨店などでも特設ショップができるなど
年々知名度が上がってきている節句です。
後の雛は「大人のひなまつり」とも呼ばれ、桃の節句では桃の花を飾りますが、
後の雛では菊の花と一緒に飾りつけ、華やかさの中で厳かな雰囲気も纏うお雛様になります。
 
お雛様は女の子の守り神。
だからこそ年に一度のお雛様ではなく、半年に一度、
感謝を込めて春だけでなく秋にもお雛様に会いませんか?
 
ひととえには菊のお花が描かれた金屏風をご用意しております。
桃の節句は桜やうさぎなどのお屏風、重陽の節句は菊花のお屏風など
お屏風を変えるだけでもグッと印象は変わってきます。
 
昨年ご購入のお客様の使い方を例としてあげましたが、
この他にもお道具やお屏風を着せかえていただきまして、
お雛様を楽しんでいただけたら嬉しいです。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは、またお会いしましょう!